若手社員を即戦力にするためには

実技研修を行う事が重要

若手社員を早い段階で即戦力にするためには、新人研修が1つのポイントになります。そこで、講義研修だけでなくて実技研修を行うようにしましょう。講義研修だけでも、仕事で必要になる知識を学ぶ事ができて本人次第で即戦力になれるだけのスキルを身につけることが可能です。しかし、知識を習得してもそれを実際の仕事で活かしきれない場合もありそうなると即戦力として活躍するまでにある程度の時間が必要になるでしょう。

しかし、実技研修を行う事によって知識だけでなくて実際の仕事でどのように活かせばいいのかも理解できて即戦力として活躍できる可能性が高くなります。もちろん、実技研修は実際の仕事を想定した内容にしておく必要があります。

マンツーマンで研修を行う

新人研修によって若手社員のスキルを上げるためには、マンツーマンで新人研修を行う事が重要です。もし、講師一人で数十人以上の新人に仕事のスキルを教える場合だと一人一人の新人が研修で学んだ事をどれぐらい習得しているのか細かく分からない事があります。そうなると十分に研修内容を理解できなかった新人が現れる可能性がありますよね。しかし、マンツーマンで研修を行う事によって一人一人の新人に仕事のスキルを教えることができて新人全員のスキルを高い確率で上げることが可能です。 マンツーマンで研修を行う時には、講師を複数人準備する事が重要なので外部から講師を招きいれることも検討していくことが大事です。このようにマンツーマンは一人一人のスキルを上げるという部分で効果的でしょう。