パワハラ事案を未然に防ぐために

専門家による研修は必須

パワハラはどのようなものが該当するのか理解していない人も多いです。そのため、専門家による研修は確実に必要になります。特にパワハラに対して会社全体の認識が薄い場合には長時間の研修を受けることも大切でしょう。パワハラは信頼関係ができているときには起きることは少ないです。問題になるのは信頼関係ができていると一方だけが思い込んでいるケースです。思い込んでいるのが上司であれば、パワハラが起きる可能性が高くなります。上司は冗談を言っているつもりでも部下は傷ついているということも少なくありません。日常の仕事でどのようなことに気を付けたらいいのかを専門家の研修から学ぶことは重要になります。知らないことがあるかもしれません。

定期的に行うことも重要

一度の研修で全てのパワハラを撲滅することはできません。そんなに簡単に撲滅できていれば、パワハラは社会問題にならないでしょう。パワハラの問題は色々なケースで起きる可能性がある点です。部署移動をしたタイミングでパワハラが起きるということも少なくありません。昇進したらパワハラが始まったというケースもあります。会社の中で何かが変わるときにパワハラが生まれる可能性があるのです。研修を行っても状況が変わったり、人が変わっていたら研修が意味のないものになる可能性は高いです。そのため、研修を定期的に行うことが大切なのです。定期的に行っていると、状況や人が変化しても研修が役立つでしょう。パワハラについての認識を高めることにもつながります。