外部の専門家による研修の意義

企業に求められるハラスメント対策

近年、セクハラやパワハラ、マタハラなどハラスメントは社会問題としても大きく取り上げられています。企業においても、働き方改革や女性の社会進出を推進する取り組みもすすみ、ハラスメントを防止するための対策が重要な課題となっていますよね。
「今まで使用していた何気ない言葉や行動がハラスメントに該当するかもしれない」と不安に思ったことがある方も多いのではないでしょうか。また、ハラスメントを恐れるあまり部下への指示や仕事の依頼がスムーズにいかず、業務に支障をきたすこともあるかもしれません。
つまり、ハラスメントを防止するためには「ハラスメントとは何か」「職場に与える影響」などを十分に理解して対策をたてることが重要なポイントといえます。

専門家に研修を依頼するメリット

ハラスメントの問題は、個人間の問題として放置されてしまいがちです。しかし、放置してしまうと企業は法的な責任を問われる可能性もあります。そのため、ハラスメント対策は管理職のみならず、一般の社員にも徹底することが求められます。そこで有効なのが社員研修です。
ハラスメントに関する研修を行う場合には、講師を社外の専門家へ依頼するという方法があります。ハラスメント対策の専門家であれば、具体的な事例を幅広く持っているため様々な業界に対応できる研修を行うことが可能です。また、管理職向けや一般社員向けなど目的に応じた資料やテキストを用意してくれるため、自社の職場環境に合わせた研修を行えることも大きなメリットです。